contentsコンテンツ

close next prev
UA

UAとは、スワヒリ語で「花」という意味を持つ言葉。
1972年3月11日生まれ。母方の故郷は奄美大島。

1995年6月ビクタースピードスターからデビュー。当時から、その個性的なルックスと存在感のある歌声で注目を集める。
『情熱』『悲しみジョニー』『ミルクティー』などのヒット曲を持ち、AJICO(ex:BLANKY JET CITYの浅井健一と組んだバンド)やUA×菊地成孔といったコラボ作品もリリース。
また、NHK教育『ドレミノテレビ』(2003) に歌うお姉さん“ううあ”としてレギュラー出演。翌年リリースの、童謡・愛唱歌集『うたううあ』(2004)はロングセールスを記録。
さらに、『水の女』(2002/テサロニキ国際映画祭グランプリ)での初主演を皮切りに、『大日本人』(2007)、『eatrip』(2009/モントリオール世界映画祭正式出品)等映画出演も多数。その活動は多岐に渡る。
2010年4月、キャリア初の公開レコーディングライブアルバム『ハルトライブ』をリリース。6月にはデビュー15周年企画カバーアルバム『KABA』を発表。
2013年6月には、香港のアーティストGay Birdと香港で3日間のパフォーマンスを行う。
2016年5月11日、7年ぶりのオリジナルアルバム「JaPo」(ヤポ)をリリース。
ワンマンライブ、フェス等多数出演。

また、2005年より都会を離れ、田舎で農的暮らしを実践しつつ、環境問題や平和を願う活動にも力を注いでいる。四児の母でもある。

otto & orabu

鹿児島市にある障害者支援施設「しょうぶ学園」の主宰するotto(おっと)は、「心地よい不揃いの音」という独自の表現スタイルをコンセプトに、2001年に民族楽器を中心に結成したパーカッションバンドです。足並みがそろわない頑強にずれる音、パワーのある音、不規則な音が自由に、そして純粋に楽しくセッションすることによって、心地よい不揃いの音が生まれます。またヴォイスグループorabu (おらぶ=鹿児島弁で「叫ぶ」の意)は、叫びのコーラス。ottoのリズムとorabuのヴォイスが絶妙のコラボレーション空間を創造します。音楽は、即興的なイメージの組み合わせによる新しい音の発見と偶然性を大切にしながら、一貫してオリジナル曲で構成しています。見て楽しむ、聴いて楽しむ、ジャンルを超えて新しい音の世界を模索しています。
「GOOD NEIGHBORS JAMBOREE」には第1回からレギュラー出演。
高木正勝、UA他様々なミュージシャンとセッションを行うなど、日本各地で演奏活動を続けています。2014年には初のCD音源「encounter」をリリース。

The Pints

「2013年に大西洋航行中の移民船の三等船室にて結成。 バグパイプ アコーディオン フィドル マンドリン バンジョー ティンホイッスル 様々な民族楽器を取り入れたパンクバンドである!手にしたグラスを飲み干してダンスダンスダンス!」

THE ACOUSTICSジ・アコースティックス

2011年4月、鹿児島で結成。
2013年にギタリストが加入して現在の5人編成に。
2000年代のロックンロールリバイバルの中で青春時代を過ごし、ソウルやパンク、ネオアコ、ギターポップ、60's 70's ロック、ジャズ等、幅広い音楽を吸収。
録音からジャケットまでセルフプロデュースで制作した音源は全て完売。
2016年4月に LIFESTYLE MUSIC RECORDS より 7inch record をリリースし、4月15日に渋谷で行われた RECORD STORE DAY JAPAN に出演。
6月8日には album “STANDARDS” を全国リリースする。

http://theacoustics.jimdo.com

monoclaft

小寺 勇造 (vo.ba)
古市 広郷 (dr)
小寺 和花子 (vo.gt.key)

2006年1月
大学のバンドサークルで結成。
同年5月、初ライブ。

2015年4月、「draw the ark」発売。
働きながら、週末は3人で集まり、部屋で1人でヘッドフォンで聴くような音楽を製作する日々。

kokomoonpelliココムーンペリ

個性豊かなヒストリーを持つ樹木で作られた木の笛コカリナとジャンベやコンガを中心としたパーカッションとのミニマルバンド。ジャンルにとらわれない独自の音楽を展開中。
シンガーソングライターのコジマサトコのアルバム『utau』『Life』に参加。2016年2月22日に1st.アルバム『echo』をリリース。

川辺ヒロシ:Resident DJ

ソウルセット・サウンドの屋台骨を支えるトラックメイカーであり、そのバックグラウンドに不可欠なクラブDJとしての長いキャリアの中で数多くの伝説的なパーティーのフロアを沸かせてきた。
その最初の集大成とも言えるミックステープシリーズ[RISE](全3作/SKYLARKIN)ではサンバ、カリプソ、サルサなど無国籍なビートとジャズ、レアグルーヴ、そしてニューウェーヴからヒップホップまでが同居するオールジャンルミックスの到達点を極め、高い評価を得るが、川辺はそこに留まることなく、さらなるスタイルの変化を遂げ、新たなミックステープ[SURRRRROUND](全2作/SKYLARKIN)ではエレクトロ、ハウス~ニューウェーヴまでもダブワイズな手法でコントロールしたスリリングな選曲を披露し、圧倒的な存在感で各方面に衝撃を与えた。
そのスタイルの変化に並行して生まれたかのように、2003年にはDJ KENT (FORCE OF NATURE)、笹沼位吉(SLY MONGOOSE)と共に完全フロア対応の”GALARUDE”なる緩やかなユニットの活動を開始、2004年に第1弾12インチをリリース、8月にはSLY MONGOOSEのミニアルバム[DACASCOS](LOCARNO RECORDS)にもリミックスで参加している。
他にも川辺のクラブでの交流から生まれたユニットは先輩、後輩、同年代と世代を超えて結成され、それぞれ作品に結実している。藤原ヒロシとの”HIROSHI Ⅱ HIROSHI”(1993年)、クボタタケシとの”SONS OF NICE YOUNG”(1996年)、そして究めつけはソウルセット同様、90年代を席巻した電気グルーヴのメンバーであり、世界に誇るテクノDJとして知られる石野卓球とのユニット”InK”の結成だ。一見リンクしていなかったように映る、2人の異能なDJが同世代ならではの音楽遍歴を確認・触発し合いながら到達した新境地は、実に自然な形で多様なテイストを盛り込んだ快作1stアルバム『C-46』(2006年)を産み、続く2007年8月には2ndアルバム『InK Punk Phunk』(Ki/oon)と順調に発表、絶賛を集める。各地の夏フェスやクラブイベントでのライヴも精力的にこなしており、今後の活動にも期待が高まる。
またソロとしても、石野卓球主宰レーベルPlatikのサブ・レーベルKoplatikoより初のオフィシャルMIX CD[DADADA]を2007年にリリース。ハウス、テクノのフィールドでも川辺ヒロシのセンスそのままのミックスが展開されており、その熟練されたスキルに一層磨きがかかっていることが再確認出来る。
代表的なリミックス・ワークは勝手にしやがれ、ROSSO、ハルカリ、UA、フィッシュマンズ、藤原ヒロシ、TEI TOWA etc. そのどれもが必聴である。

GOOD NEIGHBOR DJs

奥村朗(GADGET)
DJ satoshi
矢野武(YANO CAKE TEN MOKU)
若松徹幹
池田宏利(valuecreation/Deer Soul Fes)
鳩貝建二(GOOD NEIGHBORS' MUSIC VENDOR)
杉山博史(acoustics)

Robin Depuyロビン・デュプイ

フランスのストラスブール出身 1976生

4才でピアノをはじめるが、6才の時にヨーヨ・マの演奏を聴きその素晴らしさに魅せられ、チェロへの転向をきめる。以後、最良の教師のもとで修練をつみ1999年パリの、Schola Cantorumを首席で卒業。

そのパフォーマンスはクラッシック演奏からファッションショウなどの伴奏におよび、映画やテレビコマーシャルやサウンドトラックなどでも活躍中使用楽器はランベール 1760。

サークルボイス

様々な人々が一つの場所に集い生の声を響き合わせる参加型のイベントです
ファシリテーターは音楽家の青柳拓次
参加者は輪(ときに扇形)になり*スキャットとカラダを使ったリズムでアンサンブルをつくります
年齢、国籍、性別、思想、宗教は問いません
歌うのが好きな方から、心の中で歌うひとまでどなたでもご参加いただけます
美しく上手に歌うことよりお互いの声を感じあう平和な場所を

*意味の無いコトバ(歌詞)で歌うこと

青柳拓次 プロフィール

1971年12月8日、東京。
クラシック・ギタリストの家系に生まれる。
幼い頃よりギターを手にし、ピアノ、パーカッションを学ぶ。

1990年、TVのオーディデョン番組を経て、Little Creaturesでデビュー。
1991年、渡英。一年間のイギリス暮らしのなかで、世界中から集って来た音楽家たちの生音に出会う。帰国後、Double Famousやソロ名義のKAMA AINA、青柳拓次などでも数々のアルバムをリリース。KAMA AINAでは、イギリス、デンマークのレーベルよりアルバムをリリースし、ライブ・ツアーを行う。シチリア、ハワイ島の音楽集や、パリ地下鉄のミュージシャン達によるアルバム、ファッションデザイナーとのコラボレーションMix CD、様々なアーティストのプロデュースを手掛ける。映画や舞台、TV番組の音楽を作曲し、詩人、写真家としても作品を発表。

2010年、沖縄に移住。日本各地の民謡とホリスティックなセラピーを学ぶ。2013年、新たなるプロジェクトとして、輪になり声が渦を巻く、参加型コンサート”CIRCLE VOICE”を沖縄のヤンバルからスタートさせる。

2016年、絵本「かがり火」、UA「Japo」(プロデュース)、Little Creatures「未知のアルバム」を発表。それぞれ全国ツアーがおこなわれる。

http://www.takujiaoyagi.com

GOOD NEIGHBORS MARCHING BAND

ジャンボリー当日、1日だけ結成されるバンド、グッドネイバーズ・マーチングバンドのメンバーを今年も募集します。GNJ代表の坂口修一郎(Double Famous)と、ドラムサークルファシリテーター森田孝一郎さん。LAGBAG MUSICの島津紘子さん、上山大輔さんといっしょにジャンボリーの会場で練習をして、みんなで一緒にジャンボリーの会場を練り歩きます。

メンバーは興味のある人だったら誰でも大丈夫です。子供から大人までジャンボリー当日なにか音が出るものを持参してください。楽器を始めたばかりの人でも大丈夫。みんなで一緒にジャンボリー会場を練り歩きましょう。当日楽器を持ってきた方は、受付でその旨申し出てください。集合場所と練習時間などをお伝えします。年齢、楽器の種類など一切不問です。

【課題曲】
C-jam Summer
作曲:LAGBAG MUSiC上山大輔&紘子(rocotone)
https://youtu.be/qPegV-Xc2gw

close
ドラムサークル

みんなで輪になってタイコを叩こう!

【GNJオープニングドラムサークル】
太鼓(ドラム)の輪(サークル)は、太古の和。我々人類は、言葉や文字を生み出すより、ずっとずーっと昔から、リズムによるコミュニケーションを常としていました。みんなで輪になって叩き、うたい、踊る。理屈ではない、ただ自由に参加して好きなように楽しむリズムによる一体感。参加者もミュージシャンもスタッフも、みんな一緒にドンドコドン♪
ドラムサークルファシリテーター(リズム案内人)

森田孝一郎

1990年代より鹿児島市内天文館でジャズドラマーとして活動。2006年よりドラムサークル活動を開始。2007年4月、リズム専門音楽事務所リズムハート設立。県内外の教育、医療、福祉、企業研修、イベントなどで年間約150回のドラムサークルをファシリテートしている。2009年にはDCFA(ドラムサークルファシリテーター協会)認定ベストファシリテーターオブザイヤー受賞。鹿児島を中心に、県内各離島、福岡から沖縄まで、そして韓国からも招聘を受けるなど、今、国内で最も多忙なドラムサークルファシリテーターの一人。

music

  • UA

    UA

  • otto & orabu

    otto & orabu

  • The Pints

    The Pints

  • THE ACOUSTICS

    THE ACOUSTICS

  • monoclaft

    monoclaft

  • kokomoonpelli

    kokomoonpelli

  • Robin Depuy

    Robin Depuy

  • GOOD NEIGHBOR DJs

    GOOD NEIGHBOR DJs

  • 青柳拓次 : サークルボイス

    青柳拓次 : サークルボイス

  • GOOD NEIGHBORS MARCHING BAND

    GOOD NEIGHBORS MARCHING BAND

workshop

  • ドラムサークル

    ドラムサークル

project

Now In Progress
最新の情報は随時更新します!

food

Now In Progress
最新の情報は随時更新します!

market

Now In Progress
最新の情報は随時更新します!

ticketチケット

一般発売開始は、
7月1日よりオフィシャルサイト/ファミリーマートにて

※今年より一般プレイガイド(ぴあ/ローソン/e+)での取り扱いはありません。
オフィシャルサイトもしくは、ファミリーマートでのご購入をお願いします。

前売り入場チケット:¥5,000/当日入場チケット:¥6,000
(小学生以下無料/ワークショップ参加費別途)

チケットは下記店舗で取り扱っています。

鹿児島市
GOOD NEIGHBORs
〒892-0823 鹿児島市住吉町 7-1

099-295-6658

website

CHIN JUKAN POTTERY
〒892-0823 鹿児島市住吉町 7-1 2F

099-295-6658

website

SR Factory
〒892-0842 鹿児島市東千石町 3-41-7 キャパルボ 7F

099-227-0337

website

RHYTHMOS
〒892-0841 鹿児島県鹿児島市照国町18-7

099-213-9012

website

YANO CAKE TEN MOKU
〒892-0841 鹿児島市照国町 10-19

099-224-7045

コーヒーイノベート
〒892-0816 鹿児島市山下町 12-12 #101号

099-210-7237

website

すすむ屋茶店
〒890-0052 鹿児島市上之園町 27-13

099-251-4141

website

Nøgle
〒891-0116 鹿児島市上福元町 6380-9

099-202-0087

website

KENTA STORE
〒892-0842 鹿児島市東千石町 10-12-1F

099-223-2014

website

waffle cafe lu-ca
〒892-0842 鹿児島市東千石町20-19-1F

080-9142-4616

website

GOOD DAY
〒892-0846 鹿児島市加治屋町5-12

099-248-9931

website

GOOD DAY(マルヤガーデンズ店)
〒892-0826 鹿児島市呉服町6-5 マルヤガーデンズ 7F

099-225-6622

website

しょうぶ学園
〒892-0871 鹿児島市吉野町5066

099-243-6639

website

OWL
〒892-0842 鹿児島市東千石町14-16-2F

099-222-0357

website

いちき串木野市
サクラカネヨ直売所
〒899-2103 鹿児島県いちき串木野市大里 5565

0996-36-3121

website

南さつま市
Potsuri
〒897-0002 鹿児島県南さつま市加世田武田 18278-1

0993-52-7855

website

鹿屋市
Araheam
〒893-001 鹿児島県鹿屋市札元 1-24-7

0994-45-5564

website

福岡
citruss
〒810-0001 福岡市中央区天神2丁目9-18 福岡パルコ新館 5階

092-235-7483

website

東京
Playmountain
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷 3−52−5 原宿ニュースカイアネックス 105

03-5775-6747

website

accessアクセス

自家用車やレンタカーでお越しの場合、鹿児島市内からの直行バスの利用、宿泊も含めた県外からのツアーなど、下記コンテンツを良くお読みの上ご検討ください。

注意!
今年のジャンボリーは鹿児島市の錦江湾で行われる花火大会と同日程です。県外からも多数の来場者のある花火大会のため、鹿児島市内のホテルが非常に取りづらくなります!県外からの来鹿、里帰りを検討している方はできるだけ早めに宿の確保をおすすめします!

◯お車でお越しの方

駐車場は川辺市街の諏訪運動公園になります。会場(森の学校)には駐車スペースはありませんのでご注意ください。諏訪運動公園から会場まではシャトルバスを運行します。

注意!
森の学校周辺は地域住民の方にも配慮し、違法駐車などは絶対におやめ下さい。
地元警察による重点取締の対象となる可能性があります。

★諏訪運動公園から会場まではシャトルバスを運行します。
駐車場管理代/バス運行代としてお一人様500円(1日乗り放題)がかかります。
会場に着いたところでお支払いいただければ、後は何度でもバスをご利用いただけます。駐車場から森の学校までは約15分で到着します。
※駐車場内での貴重品の管理などは自己責任でお願いします。交通整理の為の警備員は配置していますが、駐車場での事故、盗難などについては実行委員会では一切責任を持つことができません。
※諏訪公園で駐車後、バスに乗車する時点でバスチケットを席数分配布します。
諏訪運動公園 〒 897-0215 鹿児島県南九州市川辺町平山7354
★前売りチケットをお持ちの方
到着後受付にて前売りチケット+バス代500円をお支払いください。
バスチケットと引換にリストバンドをお渡しします。
★当日チケットの方
到着後受付にて当日チケット購入+バス代500円をお支払いください。
バスチケットと引換にリストバンドをお渡しします。
※前売りチケットが完売した場合、当日チケットは発売されない可能性もあります。会場までお越しいただいてもご入場出来ない場合がありますので、くれぐれも事前に前売り入場券をご購入ください。
川辺森の学校

◯会場直行専用バス

鹿児島中央駅より直行バスを運行します。ジャンボリー会場には美味しいフードやお酒も充実しています。ハンドルキープを気にせず楽しみたい場合は直行バスを利用してください!

【お詫び】

現在システムトラブルにより、シャトルバスの受付ができない状況となっております。復旧の目処がたち次第改めてご案内させていただきます。皆様にはご迷惑をおかけし誠に申し訳ごさいません。

またバス予約開始の際にタイムスケジュールのお問い合わせをいただきました。こちらは近日中に詳細を発表させていただきますので、もう少々お待ちくださいませ。

引き続きGOOD NEIGHBOR'S JAMBOREEをよろしくお願い致します。

GOOD NEIGHBOR'S JAMBOREE
運営事務局 一同

注意!
・前売りチケットは事前に完売することがあります。
・直行バスのみのご予約で前売りチケットをお持ちでない場合、会場にてご入場いただけない場合があります、くれぐれも事前に前売りチケットをご購入後にバスの予約をしてください。

・鹿児島中央駅から森の学校までの直行バスは1日2〜3便運行予定です。
お一人様往復料金
大人(小人同額)3,000円(税込)
※チケット代は含まれておりません。別途ご購入下さい。
※事前予約のみ、当日の受付はいたしません。
※バスの台数に限りがございますのでお早めにお申し込みください。

◯ぼくらのジャンボリー案内マップ

(鹿児島県内〜森の学校周辺の案内地図です。ジャンボリー前〜翌日など旅の参考にどうぞ)

ぼくらのジャンボリー案内マップを見る

contactお問い合わせ

contact&faq